野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第十六(だいじゅうろく) 他力念佛(たりきねんぶつ)
念佛(ねんぶつ)(かず)を、(おお)(もう)すものをば、自力(じりき)を、はげむという(こと)()れまた、ものも(おぼ)えず、あさましき、僻事(ひがごと)なり。 ただ一念二念(いちねんにねん)を、となうも、自力(じりき)(こころ)ならん(ひと)は、自力(じりき)念佛(ねんぶつ)とすべし。 千遍万遍(せんべんまんべん)をとなえ、百日千日(ひゃくにちせんにち)、よるひる、はげみ、つとむとも、(ひとえ)に、願力(がんりき)をたのみ、他力(たりき)を、あおぎたらん、(ひと)念佛(ねんぶつ)は、声々念々(しょうしょうねんねん)、しかしながら、他力(たりき)念佛(ねんぶつ)にて、あるべし。 されば、三心(さんじん)を、おこしたる(ひと)念佛(ねんぶつ)は、日々夜々(にちにちやや)時々尅々(じじこくこく)に、(とな)うれども、しかしながら、願力(がんりき)(あお)ぎ、他力(たりき)を、たのみたる(こころ)にて、(とな)()たれば、かけても、くれても、自力(じりき)念佛(ねんぶつ)とは、いうべからず。
念仏を数多く唱える者は自力の修行に励むのであるということは、これまた何んともいいようのない驚き入った誤りである。
僅か一遍か二遍の念仏を唱えるしても、自力で往生すると考えている者ならば自力の念仏である。
毎日千遍万遍の念仏を唱え、百日千日昼夜を分けずに励み努めたにしても、偏に仏の本願力を頼みにして他力を仰いでいる人の念仏は、その一声一声一念一念が即ち他力の念仏なのである。
つまり真実の心から本願を信じ、極楽往生を遂げたいと願っている者が、毎日毎日時々刻々に念仏を唱えていてもすべて本願力を仰ぎ、阿彌陀佛の慈悲を頼みにする心で唱えるのであるから、些(いささ)かも自力の念仏とは考えてはならないのである。
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには