野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第二十四(だいにじゅうし) 滅罪増上縁(めつざいぞうじょうえん)
五逆罪(ごぎゃくざい)(もう)して、現身(げんしん)(ちち)(ころ)し、(はは)をころし、悪心(あくしん)をもて、佛身(ぶっしん)を、そこない、諸宗(しょしゅう)(やぶ)り、かくの(ごと)く、おもきつみをつくりて、一念懺悔(いちねんさんげ)の、(こころ)もなからん、()(つみ)によりて、無間地獄(むけんじごく)におちて、(おお)くの(こう)を、おくりて、()をうくべからん(もの)(おわ)りの(とき)に、善知識(ぜんちしき)の、すすめによりて、南無阿彌陀佛(なむあみだぶつ)と、十声唱(とこえとな)うるに、一声(いっしょう)に、おのおの八十億劫(はちじゅうおくこう)(あいだ)生死(しょうじ)に、めぐるべき、(つみ)(めっ)して往生(おうじょう)すと、()かれて(そうろ)うめれば、さほどの、罪人(ざいにん)だにも、ただ十声一声(とこえひとこえ)念佛(ねんぶつ)にて、往生(おうじょう)は、し(そう)らえ。 まことに、(ほとけ)本願(ほんがん)(ちから)ならでは、いかでか、さる(こと)(そうろ)うべきと、(おぼ)(そうろう)
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには