野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第七(だいしち) 助正分別(じょしょうふんべつ)
浄土宗(じょうどしゅう)(こころ)善導(ぜんどう)御釈(おんしゃく)には、往生(おうじょう)(ぎょう)に、(おお)いに、わかちて、(ふた)つとす。 (ひと)つには正行(しょうぎょう)(ふた)つには雑行也(ぞうぎょうなり)。 はじめに、正行(しょうぎょう)というは、()れにあまたの(ぎょう)あり。 はじめに、読誦正行(どくじゅしょうぎょう)というは、これは無量寿経(むりょうじゅきょう)観経(かんぎょう)阿彌陀経等(あみだきょうとう)の、三部経(さんぶきょう)を、読誦(どくじゅ)する(なり)(つぎ)観察正行(かんざつしょうぎょう)というは、これは、かの(くに)の、依正二報(えしょうにほう)のありさまを、(かん)する(なり)(つぎ)に、礼拝正行(らいはいしょうぎょう)というは、これは、阿彌陀(あみだ)ほとけを、礼拝(らいはい)する(なり)(つぎ)に、称名正行(しょうみょうしょうぎょう)というは、南無阿彌陀佛(なむあみだぶつ)と、となうる(なり)(つぎ)に、讃歎供養正行(さんだんくようしょうぎょう)というは、これは阿彌陀佛(あみだぶつ)を、讃歎(さんだん)し、たてまつる(なり)。 これをさして、五種(ごしゅ)正行(しょうぎょう)となづく。 讃歎(さんだん)供養(くよう)とを、(ふた)つの(ぎょう)と、する(とき)は、六種(ろくしゅ)正行(しょうぎょう)とも(もう)(なり)()正行(しょうぎょう)()きて、ふさねて、(ふた)つとす。 (ひと)つには、一心(いっしん)に、もはら、彌陀(みだ)名号(みょうごう)を、となえたてまつりて、立居起臥(たちいおきふし)昼夜(ちゅうや)に、(わす)るることなく、念々(ねんねん)に、すてざる(もの)を、これを、正定(しょうじょう)(ごう)となづく。 かの(ほとけ)本願(ほんがん)に、(じゅん)ずるがゆえにと(もう)して念佛(ねんぶつ)を、もて、まさしく、さだめたる、往生(おうじょう)(ごう)()(そうろう)。 もし礼誦等(らいじゅとう)によるをば、なづけて、助業(じょごう)(もう)して、念佛(ねんぶつ)のほかの礼拝(らいはい)読誦(どくじゅ)讃歎供養(さんだんくよう)などをば、かの念佛(ねんぶつ)を、たすくる(ごう)(もう)して(そうろ)(なり)。 さてこの正定業(しょうじょうごう)と、助業(じょごう)とを、のぞきて、そのほかの、もろもろの(ごう)をば、みな雑行(ぞうぎょう)となづく。
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには