野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第二十一(だいにじゅういち) 精進(しょうじん)
(あるい)金谷(きんこく)(はな)を、もてあそびて、遅々(ちち)たる、(はる)()を、むなしく、くらし、(あるい)南楼(なんろう)(つき)を、あざけりて、漫々(まんまん)たる、(あき)()を、いたずらに、あかす。 (あるい)千里(せんり)(くも)に、はせて、(やま)のかせぎを、とりて、(とし)をおくり、(あるい)万里(ばんり)のなみにうかびて、うみのいろくずを、とりて、()をかさね、(あるい)厳寒(げんかん)に、こおりをしのぎて、世路(せろ)を、わたり、(あるい)炎天(えんてん)に、あせをのごいて、利養(りよう)をもとめ、(あるい)妻子眷属(さいしけんぞく)に、(まと)われて、恩愛(おんない)の、きずな、きりがたし。 (あるい)執敵怨類(しゅうてきおんるい)に、あいて、瞋恚(しんに)のほむら、やむ(こと)なし。 (そう)じて、かくのごとくして、昼夜朝暮(ちゅうやちょうぼ)行住坐臥(ぎょうじゅうざが)(とき)として、やむ(こと)なし。 ただほしきままに、あくまで、三途八難(さんずはちなん)(ごう)を、かさぬ。 しかれば、(あるい)(もん)には、一人一日(いちにんいちにち)(うち)に、八億四千(はちおくしせん)(ねん)あり。 念々(ねんねん)(うち)所作(しょさ)皆是(みなこれ)三途(さんず)(ごう)といえり。 かくのごとくして、昨日(きのう)も、いたずらに、くれぬ。 今日(きょう)(また)むなしく、あけぬ。 いま、いくたびか、くらし、いくたびか、あかさんとする。
 あるいは金谷園にも等しい花見の名所で桜を愛でながら長い春の日を虚しく暮らし、あるいは南楼で見る月と同じ名月を鑑賞しながら秋の夜長を徒に明かしてしまう。
あるいは千里の雲の中にある谷間を馳せ巡って鹿を追いながら年を送り、あるいは波涛に舟を浮かべて魚をとって日を重ねている。
あるいは厳寒に氷を割って世渡りとし、あるいは炎天に汗を拭って利得をはかる。
あるいは妻子眷属に纒(まと)われて恩愛の絆を断ち難く、あるいは怨敵に会って怒りの炎消えることがない。
 すべて、このようにして昼夜朝暮を過ごし、行住座臥に止まることがない。
ただ己れが欲するままに毎日を送り、あくまでの地獄、餓鬼、畜生の世界におちる行為を重ね、仏法を聞き得ない境遇におちることになる。
だからこそ経文には1日に8億4千に思いが去来し、その1つ1つの振る舞いは地獄、餓鬼、畜生の世界におちる行いであると説いているのである。
 こうして昨日も徒に暮れてしまい、今日もまた虚しく朝を迎えた。
これからも同じように1日を暮らし、幾日虚しく夜を明かして朝を迎えてゆくのであろうか?
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには