野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第十七(だいじゅうしち) 百万遍(ひゃくまんべん)
百万遍(ひゃくまんべん)(こと)(ほとけ)(がん)にては(そうら)わねども、小阿彌陀経(しょうあみだきょう)に、(もし)一日(いちにち)(もし)二日(ににち)乃至七日(ないししちにち)念佛(ねんぶつ)(もう)(ひと)極楽(ごくらく)に、(しょう)ずると、とかれて(そうら)えば、七日念佛(しちにちねんほとけ)(もう)すべきにて(そうろう)。 その七日(しちにち)の、ほどのかずは、百万遍(ひゃくまんべん)に、あたり(そうろ)うよし、人師釈(にんじしゃく)して(そうら)えば、百万遍(ひゃくまんべん)は、七日(しちにち)(もう)すべきにて(そうら)えども、たえ(そうら)わざらん(ひと)は、八日九日(はちにちくにち)などにも(もう)され(そうら)えかし。 さればとて、百万遍(ひゃくまんべん)(もう)さざらん(ひと)のうまるまじきにては(そうら)わず。 一念十念(いちねんじゅうねん)にても、うまれ(そうろ)うなり。 一念十念(いちねんじゅうねん)にても、うまれ(そうろ)うほどの、念佛(ねんぶつ)(おも)(そうろ)ううれしさに、百万遍(ひゃくまんべん)の、功徳(くどく)を、かさぬるにて(そうろ)(なり)
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには