野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第九(だいく)安心(あんじん)
念佛(ねんぶつ)行者(ぎょうじゃ)の、(ぞん)(そうろ)うべき(よう)は、後世(ごせ)をおそれ、往生(おうじょう)をねがいて、念佛(ねんぶつ)すれば、おわる(とき)、かならず、来迎(らいこう)せさせ(たま)うよしを(ぞん)じて、念佛申(ねんぶつもう)すより(ほか)事候(ことそうら)わず、三心(さんじん)(もう)(そうろ)うも、かさねて(もう)(とき)は、ただ(ひと)つの願心(がんしん)にて(そうろ)うなり。そのねがう(こころ)の、いつわらず、かざらぬ(かた)をば、至誠心(しじょうしん)(もう)(そうろう)()(こころ)(まこと)にて、念佛(ねんぶつ)すれば、臨終(りんじゅう)来迎(らいこう)すという(こと)を、一念(いちねん)も、うたがわぬ(かた)を、深心(じんしん)とは(もう)(そうろう)。このうえ、わが()も、かの()ヘ、うまれんと、おもい、行業(ぎょうごう)をも、往生(おうじょう)のためと、むくるを、回向心(えこうしん)とは(もう)(そうろ)うなり。()(ゆえ)に、ねがう(こころ)、いつわらずして、げに往生(おうじょう)せんと、(おも)(そうら)えば、おのずから、三心(さんじん)具足(ぐそく)する(こと)にて(そうろ)うなり。
念仏の行者が心得ているべきことは来世に悪道におちることを恐れて極楽往生を願い、念仏を唱えれば命終わる時に仏が来迎し給うことを信じ、念仏を唱えることとの外には何もないのである。
念仏を唱える時に具える三心ということを一言でいえば、往生したいと願う心一つになる。
往生を願う心に偽りがなく人目を飾る心のないことを至誠心というのである。
誠の心で往生を願って念仏を唱えれば、臨終に仏が来迎し給うことを疑わずに信ずる心を深心というのである。
その上でわが身も極楽浄土に往生したいと願い、すべての善根功徳を往生のために振り向けることを廻向発願心というのである。
従って往生を願う心に偽りがなく、本当に往生したいと願って念仏Tを唱えれば、自然に三心が具足される。
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには