野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第二十(だいにじゅう) 行者存念(ぎょうじゃぞんねん)
ある(とき)には、世間(せけん)無常(むじょう)なる(こと)を、おもいて、()()の、いくほどなき(こと)をしれ。 ある(とき)には、(ほとけ)本願(ほんがん)を、おもいて、(かなら)ずむかえ(たま)えと(もう)せ。 ある(とき)には、人身(にんじん)のうけがたき、ことわりを、おもいて、このたび、むなしく、やまん(こと)をかなしめ。 六道(ろくどう)を、めぐるに、人身(にんじん)を、うる(こと)は、梵天(ぼんてん)より、(いと)をくだして、大海(たいかい)の、そこなる、(はり)のあなを、とおさんが、ごとしといえり。 ある(とき)には、あいがたき、佛法(ぶっぽう)にあえり。 このたび、出離(しゅつり)(ごう)を、うえずば、いつをか、()すべきと、おもうべき(なり)。 ひとたび、悪道(あくどう)に、()しぬれば、阿僧祇劫(あそうぎこう)を、ふれども、三宝(さんぼう)の、御名(みな)をきかず。 いかに、いわんや、ふかく、(しん)ずる(こと)をえんや。 ある(とき)には、わが()の、宿善(しゅくぜん)を、よろこぶべし。 かしこきも、いやしきも、ひと人おおしと、いえども、佛法(ぶっぽう)(しん)じ、浄土(じょうど)を、ねがうものは、まれ(なり)(しん)ずるまでこそ、かたからめ、そしり、にくみて、悪道(あくどう)(いん)をのみ、つくる。 しかるに、これを(しん)じ、これを(たっと)びて、(ほとけ)をたのみ、往生(おうじょう)(こころざ)す。 これ(ひとえ)宿善(しゅくぜん)の、しからしむる(なり)。 ただ今生(こんじょう)の、はげみにあらず。 往生(おうじょう)すべき、()のいたれる(なり)と、たのもしく、よろこぶべし。 かようの(こと)を、おりに、したがい、(こと)によりておもうべき(なり)
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには