野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺

法然上人の御法語

法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第六(だいろく)五劫思惟(ごこうしゆい)
酬因感果(しゅういんかんか)の、ことわりを、大慈大悲(だいじだいひ)御心(みこころ)のうちに思惟(しゆい)して、年序(ねんじょ)そらに、つもりて、星霜五劫(せいそうごこう)に、およべり。しかるに、善巧方便(ぜんぎょうほうべん)を、めぐらして、思惟(しゆい)(たま)えり。しかも、われ別願(べつがん)をもて、浄土(じょうど)()して、薄地底下(はくじていげ)衆生(しゅじょう)を、引導(いんどう)すべし。その衆生(しゅじょう)の、業力(ごうりき)によりて、うまるるといわば、かたかるべし。われ、すべからく、衆生(しゅじょう)のために、永劫(ようごう)修行(しゅぎょう)を、おくり、僧祇(そうぎ)苦行(くぎょう)を、めぐらして、万行万善(まんぎょうまんぜん)果徳円満(かとくえんまん)し、自覚覚他(じかくかくた)覚行窮満(かくぎょうぐうまん)して、その成就(じょうじゅ)せんところの、万徳無漏(まんどくむろ)の、一切(いっさい)功徳(くどく)をもて、わが名号(みょうごう)として、衆生(しゅじょう)に、となえしめん。衆生(しゅじょう)もし、これにおいて、(しん)をいたして、称念(しょうねん)せば、わが(がん)に、こたえて、うまるる(こと)を、うべし。
阿彌陀仏は修行によって果報を受ける道理の上にたって、しかも慈悲のみ心から凡夫往生の道を思惟し、年数を重ねて修行し、五劫という年月を経て仏となり給うた。
しかも凡夫の誰でもが修行できる教法を思惟し給うた。
そのために次のように誓い給うた。
「われは本願を成就して極楽浄土に住し、どのように劣った凡夫でも導いて往生させるであろう。
もし善根を積んだ果報によって往生できるとすれば、恐らく凡夫は往生し難いであろう。
われはいかなる凡夫でも往生できるように期間がいかに長くとも修行を続け、どのような苦行でも励み勤め、一切の修行と一切の善行を完遂して功徳を得るであろう。
菩薩としての自覚覚他の修行を成就し、それによって仏となって一切の完全無欠な徳を具え、一切の功徳をわが名号の中に具えた上で人々に念仏を唱えさせるであろう。
もし人がわが願いを深く信じて念仏を唱えれば、その者はわが願いに応えて往生できるであろう。
浄土宗について

法然上人御法語

無量寺ブログ

無量寺へ行くには