野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第三十(だいさんじゅう) 一期勧化(いちごかんげ)
法蓮房申(ほうれんぼうもう)さく、古来(こらい)先徳(せんとく)、みなその遺跡(ゆいせき)あり。 しかるに、いま精舎一宇(しょうじゃいちう)も、建立(こんりゅう)なし。 御入滅(ごにゅうめつ)(のち)、いずくを、もてか、御遺跡(ごゆいせき)とすべきやと。 上人答(しょうにんこた)(たま)わく、あとを、一廟(いちびょう)にしむれば、遺法(ゆいほう)あまねからず。 ()遺跡(ゆいせき)は、諸州(しょしゅう)遍満(へんまん)すべし。 ゆえはいかんとなれば、念佛(ねんぶつ)興行(こうぎょう)は、愚老一期(ぐろういちご)勧化(かんげ)なり。 されば念佛(ねんぶつ)を、(しゅ)せんところは、貴賎(きせん)(ろん)ぜず、海人漁人(かいにんぎょにん)が、とまやまでも、みなこれ、()遺跡(ゆいせき)なるべしとぞ、おおせられける。
法蓮房信空が尋ねていった。
「古来の先徳にはすべて遺跡があります。
ところが今もって堂宇一つお建てになったことがありません。
もしご往生になった後には、どこをご遺跡としたらよいでしょうか?
上人答えていった。「遺跡を一つの堂に決めるとすれば、念仏の法門が行き渡らぬことになる。
自分の遺跡は全国津々浦々に行き渡るであろう。
何故なら念仏の法門を広めることは愚老が生涯を通じて勧めてきたことである。
されば、念仏を唱える者がいる所は貴賎を論ずることなく、海辺にある漁師の小屋にいたるまでがすべて自分の遺跡となるのである。」
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)