野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第十三(だいじゅうさん) 無比法楽(むひほうらく)
一々(いちいち)(がん)の、おわりに、()(しか)らずば、正覚(しょうがく)()らじと、(ちか)(たま)えり。 しかるに、阿弥陀佛(あみだぶつ)、ほとけになり(たま)いてより、このかた、すでに十劫(じっこう)を、へ(たま)えり。 まさにしるべし。 誓願(せいがん)むなしからず。 しかれば、衆生(しゅじょう)称念(しょうねん)するもの、一人(ひとり)も、むなしからず、往生(おうじょう)する(こと)()。 もし、しからずば、たれか、(ほとけ)になり(たま)える(こと)(しん)ずべき。 三宝滅尽(さんぼうめつじん)の、(とき)なりと、いえども、一念(いちねん)すれば、なお往生(おうじょう)す。 五逆深重(ごぎゃくじんじゅう)の、(ひと)なりと、いえども、十念(じゅうねん)すれば、往生(おうじょう)す。 いかに(いわん)や、三宝(さんぼう)()()まれて、五逆(ごぎゃく)を、つくらざる我等(われら)彌陀(みだ)名号(みょうごう)(とな)えんに、往生(おうじょう)うたがうべからず。 いま、この(がん)に、あえる(こと)は、(まこと)に、これ、おぼろげの(えん)にあらず。 よくよく、よろこび、おぼしめすべし。 たとい(また)、あうといえども、もし(しん)ぜざれば、あわざるがごとし。 いまふかく、この(がん)(しん)ぜさせ(たま)えり。 往生疑(おうじょううたが)いおぼしめすべからず。 (かなら)ずかならず、ふた(ごころ)なく、よくよく御念佛候(おねんぶつそうろ)うて、このたび生死(しょうじ)を、はなれ、極楽(ごくらく)に、(うま)れさせ(たま)うべし。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)