野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第四(だいし) 特留念佛(どくるねんぶつ)
双巻経(そうかんきょう)の、おくに、三宝滅尽(さんぼうめつじん)の、(のち)衆生(しゅじょう)乃至一念(ないしいちねん)に、往生(おうじょう)すと、とかれたり。 善導釈(ぜんどうしゃく)していわく、万年(まんねん)三宝滅(さんぼうめつ)して、()経住(きょうとど)まること百年(ひゃくねん)()時聞(とききき)きて一念(いちねん)すれば、(みな)まさに(かし)こに(しょう)ずることを()べしといえり。 ()(ふた)つの(こころ)をもて、彌陀(みだ)本願(ほんがん)の、ひろく(せつ)し、とおく、およぶほどをば、しるべき(なり)(おも)きをあげて、(かろ)きをおさめ、悪人(あくにん)をあげて、善人(ぜんにん)をおさめ、(とお)きをあげて、(ちか)きをおさめ、(のち)をあげて、(さき)をおさむるなるべし。 まことに、だいひ大悲せいがん誓願のじんこう深広なること事、たやすく、ことば言をもて、のぶべからず。 (こころ)をとどめて、おもうべき(なり)(そもそ)()のごろ、末法(まっぽう)に、いれりといえども、いまだ百年(ひゃくねん)にみたず。 われら罪業(ざいごう)おもしといえども、いまだ五逆(ごぎゃく)をつくらず。 しかれば、はるかに、百年法滅(ひゃくねんほうめつ)ののちを、すくい(たま)えり。 いわんや()のごろをや、ひろく五逆極重(ごぎゃくごくじゅう)の、つみをすて(たま)わず。 いわんや十悪(じゅうあく)の、われらをや。 ただ三心(さんじん)()して、もはら名号(みょうごう)(しょう)すべし。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)