野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第二十四(だいにじゅうし) 別時念佛(べつじねんぶつ)
ときどき別時(べつじ)の、念佛(ねんぶつ)(しゅ)して、(こころ)をも、()をも、はげまし、ととのえ、すすむべきなり。 日々(ひび)六万遍七万遍(ろくまんべんしちまんべん)(とな)えば、さても(たり)りぬべき(こと)にてあれども、(ひと)(こころ)ざまは、いたく、()なれ、(みみ)なれぬれば、いらいらと、すすむ(こころ)すくなく、あけくれは、@々(そうそう)として、心閑(こころしず)かならぬ(よう)にてのみ、疎略(そりゃく)になりゆくなり。 その(こころ)を、すすめんためには、時々(ときどき)別時(べつじ)の、念佛(ねんぶつ)(しゅ)すべきなり。 しかれば善導和尚(ぜんどうかしょう)も、ねんごろに、はげまし、恵心(えしん)先徳(せんとく)も、くわしく、おしえられたり。 道場(どうじょう)をも、ひきつくろい、花香(けこう)をも、(そな)えたてまつらん(こと)、ただちからの、たえたらんに、したがうべし。 また()()をも、ことに、きよめて道場(どうじょう)()りて、(ある)三時(さんじ)(ある)六時(ろくじ)なんどに、念佛(ねんぶつ)すべし。 もし同行(どうぎょう)など、あまたあらん(とき)は、かわるがわる、いりて、不断(ふだん)念佛(ねんぶつ)にも、(しゅ)すべし。 斯様(かよう)(こと)は、おのおの、(よう)(したが)いて、はからうべし。
時には別時の念仏を修めて、心をも身をも励まし、不足になり勝ちな念仏を整え満たさなくてはならない。
毎日6万遍、7万遍の念仏を唱えていれば、十分足りているのであるが、人の心は甚だ目に慣れ耳に慣れてくるものであるから、いそいそと唱える気持ちがなくなり、明け暮れの荒々しさにまぎれ、ついに念仏を疎略に唱え勝ちになる。
この気持ちを直して念仏を唱えられるようにするためには、時々別時の念仏を修めなくてはならない。
だからこそ善導大師は七日七夜の別時念仏を修めるように勧めているし、先徳の恵心僧都も修行の方式を詳しく説いている。
道場を威儀正しく整え、仏前に花や香を供えることは各自の力に応じてできるだけのことをする。
また自分の身体はとくに清めてから道場に入り、あるいは朝、お昼、夕方の三の時にお念仏をし、あるいは、晩、真夜中、早朝を加えて6つの時にお念仏を唱える。
もし、同信同行の者がいたならば、組に分けて代わる代わる道場に入って不断念仏を修める。
このようなことはその時々によって良いようにすらばよいのである。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)