野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第二十六(だいにじゅうろく) 光明摂取(こうみょうせっしゅ)
観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)にいわく、一々(いちいち)光明(こうみょう)(あまね)十方(じっぽう)世界(せかい)()らして、念佛(ねんぶつ)衆生(しゅじょう)を、摂取(せっしゅ)して、()(たま)わず。 已上(いじょう)、これは光明(こうみょう)、ただ念佛(ねんぶつ)衆生(しゅじょう)()らして、()一切(いっさい)行人(ぎょうにん)をば、てらさずという(なり)(ただ)()(ぎょう)をしても、極楽(ごくらく)をねがわば、佛光(ぶっこう)てらして、摂取(せっしゅ)(たま)うべし。 いかが、ただ念佛(ねんぶつ)のものばかりを、えらびて、てらしたまえるや。 善導和尚(ぜんどうかしょう)(しゃく)して、のたまわく、彌陀(みだ)身色(しんじき)金山(こんせん)(ごと)し、相好(そうごう)光明十方(こうみょうじっぽう)()らす、(ただ)念佛(ねんぶつ)(もの)のみありて光摂(こうしょう)(こうむ)る。 (まさ)()るべし、本願(ほんがん)(もっと)(つよ)きを、已上(いじょう)念佛(ねんぶつ)はこれ彌陀(みだ)本願(ほんがん)(ぎょう)なるがゆえに、成佛(じょうぶつ)光明(こうみょう)、かえりて、本地(ほんじ)誓願(せいがん)を、てらしたもうなり。 余行(よぎょう)は、これ本願(ほんがん)にあらざるがゆえに、彌陀(みだ)光明(こうみょう)、きらいて、てらしたまわざるなり。 (いま)極楽(ごくらく)を、もとめん(ひと)は、本願(ほんがん)念佛(ねんぶつ)(ぎょう)じて、摂取(せっしゅ)(ひかり)に、てらされんと(おぼ)()すべし、これにつけても、念佛大切(ねんぶつたいせつ)(そうろう)。 よくよく(もう)させ(たま)うべし。
観無量寿経には次のように説かれている。
「阿彌陀佛の光明の一つ一つが十方の世界をあまねく照らして、念仏を唱える人々をお救いになり、一人として洩らし給うことがない。」
この経文の意味は仏の光明は念仏を唱える人々だけを照らし給い、その修行をしている者を照らさないということである。
しかし、その他の修行をしていても極楽往生を願っている者ならば、仏の光明が照らして往生させてもよいと思うかも知れない。
それなら何故念仏を唱えるだけを選んで照らし給うのであろうか。
善導大師は次のように説いている。「阿彌陀佛のお姿は須弥山を巡って聳え立つ七重の金山のようである。お身体から放っている無量無辺の光明は十方の世界をくまなく照らし給うている。
ただ念仏を唱える人々だけを照らして、一人も洩らすことなく光明に収めとり、救い給うている。
このことによって知られることは、念仏往生の本願がわれらを救うために最も強い力を発揮していることである。
念仏は阿彌陀仏がたてた念仏往生の本願の行であるから、仏となって放ち給う無量の光明は、自ら誓った本願の行を修める者を照らし給うわけである。
その他の修行は本願でない行であるから、仏の光明の区別して照らし給わぬのである。
今生において極楽往生を願う者は、本願の行である念仏を唱え、仏の光明に照らされるようにしなくてはならない。
それにつけても念仏こそ大切な行である。よくよく念仏を唱えなくてはならない。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)