野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 後編(こうへん)
第二十三(だいにじゅうさん) 慈悲加祐(じひかゆう)
まめやかに、往生(おうじょう)(こころざし)ありて、彌陀(みだ)本願(ほんがん)を、(うたが)わずして、念佛(ねんぶつ)(もう)さん(ひと)は、臨終(りんじゅう)の、わろき(こと)は、大方(おおかた)は、(そうろ)うまじき(なり)。 そのゆえは、(ほとけ)来迎(らいこう)(たま)(こと)は、もとより、行者(ぎょうじゃ)の、臨終正念(りんじゅうしょうねん)の、ためにて(そうろ)(なり)。 それを、(こころ)えぬ(ひと)は、みな、わが、臨終正念(りんじゅうしょうねん)にて、念佛(ねんぶつ)(もう)したらん(とき)に、(ほとけ)は、(むか)(たま)うべき(なり)とのみ、(こころ)えて(そうろ)うは、(ほとけ)(がん)をも(しん)ぜず、(きょう)(もん)をも、(こころ)えぬ(ひと)にて(そうろ)(なり)。 そのゆえは、称讃浄土経(しょうさんじょうどきょう)(いわ)く、(ほとけ)慈悲(じひ)をもて、(くわ)(ゆう)けて、(こころ)をして、みだらしめ(たま)わずと、とかれて、(そうら)えば、ただの(とき)に、よくよく(もう)しおきたる、念佛(ねんぶつ)によりて、臨終(りんじゅう)に、(かなら)(ほとけ)来迎(らいこう)(たま)うべし。 (ほとけ)来迎(らいこう)(たま)うを、()たてまつりて、行者(ぎょうじゃ)正念(しょうねん)に、(じゅう)すと(もう)()にて(そうろう)。 しかるに、さきの念佛(ねんぶつ)を、(むな)しく(おも)いなして、よしなく、臨終正念(りんじゅうしょうねん)をのみ、いのる(ひと)などの(そうろう)うは、ゆゆしき僻胤(ひがいん)に、いりたる(こと)にて(そうろ)(なり)。 されば(ほとけ)本願(ほんがん)を、(しん)ぜん(ひと)は、かねて、臨終(りんじゅう)(うたが)(こころ)、あるべからずとこそ、おぼえ(そうら)え。 ただ常時申(つねのときもう)さん念佛(ねんぶつ)をば、いよいよ至心(ししん)(もう)すべきにて候そうろう。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)