野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第二十二(だいにじゅうに) 無常迅速(むじょうじんそく)
それ、あしたに、ひらくる、栄華(えいが)は、ゆうべの、(かぜ)に、ちりやすく、ゆうべにむすぶ命露(めいろ)は、あしたの()に、きえやすし。 これを、しらずして、つねに、さかえん(こと)を、おもい、これを、さとらずして、久しく、あらん(こと)を、おもう。 しかるあいだ、無常(むじょう)(かぜ)、ひとたびふきて、有為(うい)のつゆ、ながく、きえぬれば、これを廣野(こうや)にすて、これを、とおき(やま)におくる。 かばねは、ついに、こけのしたに、うずもれ、たましいは、(ひと)りたびのそらに、まよう、妻子眷属(さいしけんぞく)は、(いえ)にあれども、ともなわず、七珍万宝(しちちんまんぼう)は、くらにみてれども、(えき)もなし。 ただ()にしたがうものは、後悔(こうかい)涙也(なみだなり)。 ついに閻魔(えんま)(ちょう)に、いたりぬれば、つみの浅深(せんじん)をさだめ、(ごう)軽重(きょうじゅう)を、かんがえらる。 法王罪人(ほうおうざいにん)()うていわく、なんじ佛法流布(ぶっぽうるふ)()にうまれて、なんぞ修行(しゅぎょう)せずして、いたずらに、(かえ)りきたるやと。 その(とき)には、われらいかがこたえんとする。 すみやかに、出要(しゅつよう)を、もとめて、むなしく、三途(さんず)(かえ)(こと)なかれ。
 朝に開いた花は美しくても、夕べの嵐に散り易く、夕べに宿る露の命は朝の日に消えてゆく。
移り変りを知らずに常に栄えることを願い、儚い命を悟らずにいつも同じであると思っている。
こうしている内に無常という風が一度吹き込めば、因縁和合の肉体は露のように消え去って、やがて広野に送られ、遠い山に葬られる。
屍は苔の下に埋められ、魂は独り旅を彷徨い続ける。
妻子眷属は家にいても伴う者がなく、七珍万宝が蔵に満ちていても役立つものは何もない。
ただ身に従ってゆくものは後悔の涙だけである。
やがて閻魔の庁に着けば罪業の深浅を問われ、罪の軽重に従って行き先がきまる。
閻魔法王は罪人に問うていうのに、あなたは仏法がある世に生まれていながら、どうして修行もしないで、徒に帰ってきたのか?と。
この時私たちは何とこたえるつもりでいるのであろうか?
今こそ早く生死の世界から逃れる法門を求めて修行し、このまま空しく地獄、餓鬼、畜生の世界にもどることがあってはならない。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)