野母崎樺島町 光明山摂取院 無量寺


法然上人御法語

元祖大師御法語(がんそだいしごほうご) 前編(ぜんへん)
第十一(だいじゅういち) 深心(じんしん)
ただ(こころ)善悪(ぜんなく)をも、かえりみず、(つみ)のかろき、おもきをも、沙汰(さた)せず、(こころ)往生(おうじょう)せんと、おもいて、(くち)南無阿彌陀仏(なむあみだぶつ)と、となえては、(こえ)につきて、決定往生(けつじょうおうじょう)(おも)いをなすべし。 その決定心(けつじょうしん)によりて、すなわち往生(おうじょう)(ごう)は、さだまるなり。 かく(こころ)えねば、往生(おうじょう)不定(ふじょう)なり。 往生(おうじょう)不定(ふじょう)とおもえば、やがて不定(ふじょう)なり。 一定(いちじょう)(おも)えば、一定(いちじょう)する(こと)にて(そうろう)なり。 されば(せん)は、ふかく(しん)ずる(こころ)(もう)(そうろう)は、南無阿彌陀仏(なむあみだぶつ)(もう)せば、その(ほとけ)(ちかい)にて、いかなる()をも、きらわず、一定(いちじょう)むかえ(たま)うぞと、ふかく、たのみて、いかなる、とがをも、かえりみず、うたがう(こころ)の、すこしも、なきを(もう)(そうろ)うなり。
専ら、心の煩悩や、罪の軽い思いを気にかけずに往生したいと願い南無阿彌陀佛と唱えれば、念仏の声によって必ず往生できることを知らなければなりません。
必ず往生できると信じる心によって、往生の果報が決まります。
この心得のない者は往生できると決まっていません。往生を不確かであると思っている者は、結局往生も不確かになります。
必ず往生できると信じてこそ、必ず往生できるんものです。
要するに深く信ずる心というのは南無阿彌陀佛と唱えらば仏の本願に乗じ、どのような凡夫でも差別することなく必ず来迎し給うことを深く頼み、どのような罪も気にかけずに深く信じ、少しも疑う心のないことです。
今月のことば
無量寺ブログ
浄土宗について

法然上人御法語

浄土宗

知恩院

雲仙市保育園 老人ホーム
高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)